2009年3月アーカイブ

日曜日に、「本気で学ぶECサイトSEM講習会」に行ってきました。

SEM(Search Engine Marketing)は検索エンジンから自社Webサイトへの訪問者を増やすマーケティング手法のことです。
ECサイトは、自社の商品(広義では他社の商品を販売してもECサイトである)やサービスをインターネット上で販売しているサイトのことです。

ITコーディネータとして、経営者と話をしていますと必ず売上上げたい、ホームページやブログ、ECサイトの話がよく出ます。その時に少しでも情報が提供したいと思い、講習会に参加しました。

とってもいい話が聞けました。
なにかというとたくさんありましたが、事業戦略を立てることの大切さです。ITコーディネータの経営戦略の考え方と同じでした。

STPの設定、Segmentation(セグメンテーション)、Targeting(ターゲッティング)、Positioninng(ポジショニング)を明確にすることです。そしてある領域で日本一を目指すことでした。

一人でやるなら効率がいいこと、市場も大きいが競合も増えること、ひとつのマーケットの成熟期間が短く、適切なタイミングで事業転換が必要なこと、これらのことは知らないとECサイトは立ち上げれば儲かると勘違いします。

ECサイトの4つのモデルがあり、それぞれに戦略があります。

ウオンツ単品(指名買い型) ipot,Wii,ルイ・ヴィトン等
上級SEOテクニックが必要、価格競争に巻き込まれない工夫が必要

ウオンツ多品(専門モール型)本、ワイン、酒、バイクグッツ等
サイトリピートしやすいサイト設計

ニーズ単品(単品リピート型)化粧品、健康食品、石けん等
初期購入の高いハードルを越えさせる工夫を、リピート頻度を監視し、リピート効率を追求

ニーズ多品(総合モール型)家具、インテリヤ等
比較・検討で購入意欲を高める

大切なのは、アクセスログ解析によるサイト改善が必要です。Google Analyticsの導入が一番費用対効果があるそうです。

自分のこのブログには、Google Analyticsを導入しています。あまり活用はされていませんが、これから活用しようと思いました。

なかなか聞けないお話を順序良く纏めて話してくれて勉強になった講習会でした。これで少しお客様の質問に答えられます。
 

MICEビジネスについて

先週の月曜日は、MICEビジネス普及セミナー「コンベンションからMICEへ!~視点を変えた先にみえるものMICEビジネスに掛ける地方都市の挑戦~」
石川県、金沢市にとってのこれからのビジネスのかたちかなと感じました。

MICEはマイスと呼びます。

Meeting:経営会議、販売会議、全国支店長会議、研修会
Incentive:報奨旅行、顧客招待会、FCオーナー会議、新商品発表会

Convertion/Congress:学術会議、国際会議
Exhibition/Event:展示会、イベント、まつり

いままでは、CEが中心に誘致を行っていましたが、これからはMIで地方都市に来てもらう様にプログラム(コンテンツ)を準備しておくことが大切になります。

MIは事業(会社)が対象、CEは参加者(個人)が対象です。
MIの場合、旅費、宿泊費は会社が負担し、個人の財布は緩くなる。また年間の予算、スケジュールが決まっていて計画的である。そして、経営課題を解決ためのプログラム(コンテンツ)が準備してあれば、リフレッシュ+研修(経営課題解決)が可能になります。

研修(経営課題解決)のプログラムを充実していけば、MICEビジネスが成功するように思います。

金沢に来られる外国人は、英、独、仏が多く、歴史的な建造物や伝統工芸に興味を持って来るそうです。そして、東京は行った、京都は行った、横浜、北海道、福岡は行った、次はどこに行こうか迷っているそうです。

MICEビジネスを取り組むにあたり、来てほしい方はだれか、なにを見てほしいのか、どんなプログラムがあるか、ターゲットがはっきりして、そのターゲットに発信されているかをきちんと整理する必要があるように思いました。
 

eAT経営塾に参加しました

先週水曜日にeAT経営塾第一期第2回に参加しました。テーマは「経営とデザイン」で、金沢市出身で金沢美術工芸大学を卒業後、それぞれ電通、博報堂に入社、いまはどちらも独立されて東京で活躍されています水口アートディレクター、米村クリエイティブディレクターの講師の方のお話が聞けました。

eAT経営塾は、経営活動にクリエイティブを活かすための、柔軟な発想と企画力に富む、これからの経営者の育成を目指す経営塾です。

水口アートディレクター、デザインとは「企業の顔つき」、人で言う「人柄」を表現するもの。
米村クリエイティブディレクター、デザインは「メッセージ(主張や意図)」を表現するもの。
お2人の話を伺いながら、デザインプロジェクトを手がけるときは経営者(経営)の懐の中に入って一緒にぶつかり合いながらながら作成しなければうまく行かない、ビジネスをデザインすることのように思えた。
レベルは違いますが、いまやってるITコーディネータの仕事、3年後のあるべき姿を表現する部分で、大変参考になりました。

マーケッテングの話もありました。
アイドマ(AIDMA)の法則からカジュアル(CASAL)の法則へ

A  t t e n t i o n (注目)
Ⅰn t e r e s t (関心)
D e s i r e (欲求)
M e m o r y (記憶)
A c t i o n (行動)

Cu r i o u s (気になる化) ←PR 
A p p l y   (自分ごと化)  ←広告
S e r c h     (検索)      ←Web
A c t           (購買)      ←店頭
L o v e        (愛着リピート)  ←フォロー

社是の紹介もありました。
「迷ったら笑える方に」 手にする人の顔がみえて、最後は楽しいこと!

迷ったら、楽しい方、笑える方に進みたいですね。

もうお一方、イート金沢実行委員の宮田クリエイティブディレクターの「グローバル化するモバイルコンテンツ」、iphoneで始まるビジネス領域の話は興味が引かれました。世界中でアプリを使ってもらえる世界が広がっています。
iphone購入検討中!

eAT KANAZAWAとは
金沢発のエレクトロニックアートの祭典。1997年の開催以来、国内外のクリエィターや学生、IT関連の仕事にたずさわる人たちの相互交流の場として、金沢を舞台に開かれるエレクトロニックアートの表現者の祭典です。「フォーラム」や「アワード」「セミナー」等のプログラムに加え、金沢ならではの夜塾が参加者に新しい創造性と未来への眼をひらかせてくれるイベントです。
 

確定申告に行きました

平成20年度分の確定申告の締め切りは16日(月)です。昨日無事に提出して来ました。

昨年19年度から青色申告のパッケージを購入し、青色申告決算書を作成して提出しています。
毎月ちゃんと領収書と売上等を入力すると簡単なんですが、ついつい後伸ばしになって・・・・反省です。

その後は、国税庁のホームページの確定申告書作成コーナーで必要事項を入力して印刷、青色申告決算書、社会保険料控除証明書、一般の保険料支払額等の証明書を紙に貼って提出しました。

決算書は経営の通信簿と言われています。売上は目標数値を少し下回りましたが、予想以上に健闘したと思います。経営者の先輩から、売上はあなたを信頼してくれた方のバロメータ、あなたを信頼してくれた金額と言われました。これからも信頼を裏切らない仕事を心掛けなければいけませんね。

いろんな方から仕事を紹介して頂き感謝です。そして自分だけでできないところもたくさんの方が手伝ってもらいました。感謝です。

さあ、21年度の売上目標を決めて、これからの方向性を見直しを行ういいタイミングだと自分自身思っています。

お会いする経営者の方に、3年後の会社のあるべき姿を頭の中に留めて置いても、すぐに何か起こると忘れます、必ず書いて残しましょうと言っています。最近は模造紙にポストイットで残すように進めています。
気づいたときに模造紙をひろげるといままでの続きが、思い出さなくてもすぐに始められますし、変更も簡単にできます。環境とともにあるべき姿は変わらなくては生き残れないからです。

と人に言っているので、自分もすぐに行動です。この行動力も大変大切なことなんです。

この1年で体験して学習したことです。
 

石川県産業支援機構主催のネットショップコンテスト石川2008表彰式・モチベーションアップセミナーに、ネットショップの勉強に行って来ました。

石川県初のネットショップコンテスト、125件のご応募からファイナルに9のネットショップ選ばれ、本日のセミナー参加者の投票でグランプリを決定しました。

グランプリは「幸寿しさん」でした。自分が席の隣の方が幸寿しさんでした。おめでとうございます。

そのあと、不況時代でも発想の転換で月商5億達成したネットショップ、「北国からの贈り物」店長の加藤敏明さんによるモチベーションアップセミナーでした。

最初に目指したのは、顔の見えるインターネットの魚屋さんでしたが、いまは北海道の農家さん、漁師さんと全国の消費者をつなぐ架け橋に変わって来たそうです。
ネットショップでは垣根がないのです。

「北国からの贈り物」が売っている商品は?なんでしょう。答えは、「笑顔と真心」です。(お客さんに喜んでもらうことです)

ネットショップもリアル店も同じなんですね。ネットショップは顔が見えない点、より顔の見えるお店にしなければいけないようです。

その他いろんなメッセージをもらいました。
・ベンチャーや中小企業によっては、不況下の方が業績を伸ばしやすい。市場環境の変化に対応する行動力が大切
・10月売上げが昨対比で1/2に激減、価格戦略の見直しを行い、トライ&チェックを繰り返した。
・キーワードはローコストオペレーション。ポイントは、売上げが上がっても、人を増やさない仕組み作り
・トップが本気にならないと会社は変わらない
・会社の成長=社員の成長

とれも良い勉強になりました。
 

 第一水曜日はITコーディネータの勉強会です。

今回はゲストにりんご園を運営されていますNさんが参加されました。

いままでは事例のSWOT分析まででしたが、今回からは事例をベースに、SWOT分析、ドメイン分析、重要成功要因の抽出、順位付け、ビジネスモデルの検証を行う予定でした。

せっかく来てもらったゲストのNさんのりんご農園の経営戦略を纏めることに急遽決定しました。

最初にりんご農園の現状の話をヒアリング、皆さん真剣に聞いてメモ、質問をしながら模造紙にポストイットで、強み(S)、弱み(W)、機会(O)、脅威(T)を貼っていきました。

今回はSWOT分析まででしたが、次回はドメイン分析、重要成功要因の抽出、順位付け、ビジネスモデルの検証を行う予定です。

実践はとっても良い経験ができます。
りんごの農園のリアルな状況、作業内容、経営が大変だということが理解でしました。

3年後のりんご農園のあり方を描き、どうやって経営課題をクリアしていけば良いかが見えてくれば、いいなと思います。

Nさん、実践的なテーマにご協力頂いて感謝します。必ず良い経営戦略を纏めます。楽しみにしてくださいね。

あるべき姿が纏まらない経営者の方、あれもやらなくちゃ、これもと悩んでいる方、いつでもこの勉強会で一緒に参加して纏めてみませんか。

20090304.jpg  模造紙でSWOT    

 

 

ウェブページ

Powered by
MovableType4.23-ja
株式会社一期大福(福岡明夫ITコーディネーター事務所)

ソーシャルブックマーク

タグクラウド

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年2月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count