2008年5月アーカイブ

NHK経済羅針盤は、13日(火)に行われた日産の新中期経営計画の内容でした。

今までは3年計画で、
2000−2001 日産リバイバルプラン 営業利益率4.6% 2年で達成 ◎
2002−2004 日産180 営業利益率8.0% ○
2005−2007 日産バリューアップ 業界トップレベルの営業利益率 △
2008−20012 日産GT2012 ゼロ・エミッション車でリーダーに、売上を年平均5%増

今回中期計画は、3年計画から5年計画に延ばしました。そして、営業利益率が目標から消えました。短期利益指向が強かった経営から軌道修正しました。
背景は、足元の経営環境(円高、原材料高、アメリカ景気)があまりにも不透明が強く、長期的な課題に取り組む姿勢が出されたようです。

具体策は、超低価格車と電気自動車です。
超低価格車は、製造コストで2,500ドル(26万円)、インドの会社と共同で開発します。
2500ドルの車は、余計なものは付かないが、基本性能はしっかりしている。今まで車を買えなかったインドやアフリカの人々のくらしを一変されます。ターゲットは新興市場です。

電気自動車は、リチイウムイオン電池の開発で他社にない強みがある。
ゴーン氏「電気自動車は重要な市場になる。この分野では、業界をリードしていきたいですね。」
2010年に日本、アメリカで販売、2011年電気自動車に優遇措置があり、充電インフラがあるデンマーク、イスラエルで販売するそうです。

日産の戦略です。これからの日産の動きが読み取れますね。

引き出しが増える勉強会

第1水曜日は、ITコーディネータの勉強会です。5月は連休のために1週延びました。

今回もとってもいい勉強会が出来ました。

今日の事例は、都合2年間コンビニの棚にイカ味の揚げせんべいを納め、売上は2倍、コンビニに占めるる割合が4割になった煎餅屋さんのお話です。コンビニに対する他社のからの売り込み競争が激しく、やむなく取引が終了になりました。これからの戦略について意見交換を行いました。
皆さんひと通り、SWOT分析(現状分析)をやってきますから、とれもいい意見交換ができます。

結局正解はありませんが、違った意見を聞くと自分の引き出しが増える気がします。引き出しを増えれば、経営者の方とお話する時に役立ちます。

また、同じ志を持った方々の話しを聞くことも、大変刺激になります。もっと勉強しなくては、もっと本を読まなくては。

意見交換の中で、ファイブフォースの話が出てきましたが、この言葉知りませんでした。ほんと勉強不足です。

ファイブフォースとは、市場に存在する5つの競争要因から、業界の魅力度を測る分析のフレームワーク。業界を(1)業界内競争が激しいか否か、(2)新規参入障壁が高いか低いか、(3)代替品があるかないか、(4)消費者の力が強いか弱いか、(5)供給業者の力が強いか弱いか、という観点から分析するツールです。


武蔵ビジネスクラブの5月定例会ご案内 参加自由です、お気軽に参加ください。

ウェブページ

Powered by
MovableType4.23-ja
株式会社一期大福(福岡明夫ITコーディネーター事務所)

ソーシャルブックマーク

タグクラウド

このアーカイブについて

このページには、2008年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年4月です。

次のアーカイブは2008年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count