2007年5月アーカイブ

NHK経済羅針盤は、スーパー経営50年、スーパーオーケーの飯田社長でした。 オーケーは首都圏46店舗、5年で売り上げ倍増を達成しました。 スーパー経営50年社長の哲学、必ずリピートしてくださるような商売をしませんと繁栄しません。お客様に信頼されるということが一番奥にあると思います、 醤油は棚に並んでいるのは1つのメーカだけ、スパゲッティも1つのメーカ、1つのメーカに絞り、大量に仕入れることで安くしている。また、肉はトレイに入っていない。トレイ分節約します。 新聞の折込広告は、デジカメで撮り、自分達で作成して費用削減します。 OK 高品質 Everyday Low Price 毎日が低価格で特売をしないスーパーです。 信頼がポイント、スーパーの経営。 「オネスト(正直)カード」季節天候により品質が悪い場合もある。何も断わらないで売ったら、オーケーの青果物は良くないと鮮度も悪い、品質も悪い、値段も高いと次に店に来て貰えなくなるから、正直に状況を伝えます。 「競合店に対抗して値下げしました」、どこよりも安い、競合店の広告をチェックし、値札を入れ替える。お客様にまた来て頂くには裏切らないことが第一「正直」が客を掴みます。 スーパー経営50年の哲学は、お客様の立場に立ち、裏切らない信頼関係にありますね。 人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!20位付近にいます、みつけてもう一度クリック。 武蔵LIVE!  「百万石祭り行列ライブを全国に発信予定!」(1分間隔で更新)  6月2日(土)15:00〜17:00限定版

マンション事業に特化

長谷工コーポレーションは、バブル期にハワイリゾートマンションやゴルフ場に手を広げ、バブルが崩壊して株価10円代まで落ち込み経営の危機に陥りました。 再建を任された岩尾社長、数字だけみたら再建は厳しい、法的な整理をやるほうが早い、当時は会社更生法ですけど、その方が早いと思ったけれど営業利益は出ていました。 会社更生法の資料を机の中にしまいながら、リーゾート開発から撤退、マンション事業に特化、業務の多角化これが失敗した原因だろう。これを全部はがしたらきれいな形になるんじゃないか、余分なことはやめてしまう方針を立てました。 2008年3月、マンション業務で業績回復13期ぶりに配当見通し。 通常は開発業者が土地を購入、建設会社は受注、建設していくますが、長谷工は、土地の情報を集めマンション開発業者に提案、受注します。 次に長谷工の巨大な倉庫に案内される。ここには内装品や建設資材が取り揃えてあり、通常1ヶ月のところ3日で済みます。 土地の情報収集から建設までのスピードアップを計ることが収益力の向上につながっています。 事業に特化し、特化した事業の中でスピードアップ化で差別化した事例になると思いました。 (NHK経済羅針盤より) 人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!23位付近にいます、みつけてもう一度クリック。
激動の鉄鋼業界、世界4位JFEスチール馬場社長の戦略です。 JFEスチールって、Japan Fe Engninering 2003年川崎製鉄とNKKが経営統合してできた会社です。高い技術力で自動車に使われている鉄鋼製品を作っている会社です。 社長の思い:やっぱり技術でしょうね、技術力。他社よりも一歩でも先にいく技術力、それを武器にして経営を考えていく。 硬くて伸びる鉄、ナノハンテン超高品質鉄(普通の鉄の3倍延びるしなやかさ)このような高い技術力で競争を勝ち抜きます。カレーの中にスパイスを入れると同じように元素を入れて作成します。 JFEの戦略は、技術力を極めることで、経営価値を高めることです。 技術力の高さで世界各国の鉄鋼会社と合併会社、ノウハウを持つ国内の製鉄所で途中までつくり、世界各国に運んで完製品にする戦略をとっています。 激動の鉄鋼業界、好景気と業界再編が起こっています。 好景気は1970から30年間は8億トンでしたが、2002年から2006年までは1.5倍の12億トンに増加しています。 世界上位4社の時価総額 アルせロールミタル 8兆9300億 新日鉄       5兆3400億 ポスコ(韓国)   4兆2000億 JFE       3兆8900億 JFEスチールは微妙な立場の中で高い技術力で競争に勝ち抜けのか注目して行きます。 人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!22位付近にいます、みつけてもう一度クリック。 武蔵ビジネスクラブ5月定例会案内(5/18)です。お気軽に参加ください。
5月の勉強会は、ちょうど連休の間でしたが新規加入の方も含め、7名が集まり中味の濃い勉強会でした。 ある事例をベースに、参加者各自がSWOT分析(現状分析)結果を持ちよって話し合いが行われました。 今回はマインドマップを使ったSWOT分析がありました。なにか自由に使えてわかり易いかも、次回挑戦してみます。 自分は前回までは第四象限に分けれ強み、弱み、機会、脅威を書いていました。 今回はExcel使って、強み、弱み、機会、脅威にコア技術、ポリシー、プロフィール等を追加して作成しました。 SWOT分析でもいろんな形式のアイデアがあり、自分に合ったものを使うのベストですが、今回のような取組みがなければ気づかなかったかもしれません。 また、実践でコンサルをやられる方の話を聞くと当然ですが、厳しい言葉が何度も出てきます。まだまだ甘い私には気づきを頂けて感謝しています。そして気づきからちゃんと実践に使えるようにならなければいけませんね。 次回、6月6日(水)も事例を行います。 P.S あすは家族で混んでるの承知でUSJに行って来ま〜す。 人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!18位付近にいます、みつけてもう一度クリック。 いろんなスタイルのSWOT

ウェブページ

Powered by
MovableType4.23-ja
株式会社一期大福(福岡明夫ITコーディネーター事務所)

ソーシャルブックマーク

タグクラウド

このアーカイブについて

このページには、2007年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年4月です。

次のアーカイブは2007年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count