2007年4月アーカイブ

ITコーディネータの資格更新作業を行いました。 ITコーディネータに認定された方は2007年4月〜5月に資格更新条件による資格更新が必要になります。 資格更新の手順は、ITコーディネータ協会のページから知識ポイントの入力と「実務活動報告」の入力を行います。 今回の知識ポイント、ITコーディネータ協会主催・後援セミナー参加は4回でした。 2006/06/16「過去2006年IT経営を考える日in北陸」 2006/07/20 情報セキュリティセミナー「技術コース標準編、技術コース専門編」 2006/10/30 「ビジネスプロセスの本質、評価方法と改善・改革」 2007/01/13 「ベンダー・ITC向けRFPによる提案書作成」 自己の所属しているグループでの学習、ITC第1水曜勉強会の活動や平成18年経営者研修会(金沢塾、能登塾)講師活動を行いました。 以上、1年間のITコーディネータの活動状況です。 ITコーディネータ協会のページに,ITコーディネータ活動紹介ビデオがありました。わかり易いのでご覧ください。 今週の土、日は名古屋にNLPプラクティショナーコース(NLP資格認定)最終回に行ってきました。 人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!20位付近にいます、みつけてもう一度クリック。
がっちりマンデーは年間売上高約10兆円、日本が誇る世界の技術屋ホンダの福井社長でした。2003年、技術畑出身の社長です。 創業者本田宗一郎氏、「それはどこが新しいんだ?」「どこがよそと違うんだ?」誰もやっていない新しいことに挑戦したい。 ホンダの歴史は「挑戦」他がやらないものを作れ!でした。 「誰でも乗れるバイクを作れ」1958年スーパーカブ、1964年「F1に参戦」、1970年アメリカでマスキー法誕生、「世界一クリーンな車を作れ」、現在は「燃料電池自動車を作れ」静かさ、揺れのなさ、加速にこだわり、次世代の車FCXは来年日米でリース販売予定だそうです。 クルマ以外に「二足歩行への挑戦」アシモやHondJetハミングバード ホンダの伝統にもう一つ、社長室はない、社長室は意味がない、企業活動して、お客様に商品を提供し、サービスする事については何の価値もない、役員も役員室もなく、フロアーのテーブルに集まり、ワイワイガヤガヤ相談します。「ワイガヤ」もホンダの伝統です。 創業者の志が、いまなお伝統として残り、経営戦略に生かされている、世界の技術屋ホンダでした。 人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!20位付近にいます、みつけてもう一度クリック。
タイトルの「小さなエリアで宅配競争を勝ち抜け」はヤマトホールディングスの経営戦略です。 瀬戸社長、営業所をたくさん作るとお客さんの要望があった時に、すぐに行き何度でも行けます。特に不在の場合が非常に多いですから出かける前の時間帯に配達できます。 他社の戦略は、 2位の佐川急便、通信販売などの荷物の取扱をバネに急速にシェアを伸ばしています。 3位の日本郵政公社、コンビニチェーンと連携に取り組みました。 他社はどちらかと言うと、発送のお客に目が向いている、発送のお客に価格でメリットがある、要は「発」に目がいっている。われわれは反対に「着」のお客さんにいいサービスを与え続けている。 お客さまと密着していますから、お客さまの要望を吸い上げてこういう商品を作ると喜ばれるというのは現場に転がっている。それを大事に吸い上げてやろうと思っています。 「発」に目を向けるか、「着」に目を向けるか、どちらの戦略が正しいかは、これからの業績ではっきりしますね。 この記事を書きながら、前にも書いた記憶があって、このブログ内を"クロネコ”で検索しました。ありました、2006.8.14にがっちりマンデーに取り上げていました。 人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!21位付近にいます、みつけてもう一度クリック。
NHK経済羅針盤は、カシオ計算機の樫尾和雄社長でした。 4人兄弟で1957年創業、長男は財務・経理担当、次男は研究開発担当、三男は商品企画担当で現在社長、四男は生産技術担当と分担されています。4人兄弟で担当を分担して、一致団結して会社を運営しています。 特徴のある独自性のものをどう伸ばしていくか、これが経営としての原則。 全体におけるトップというより、その製品の特徴あるジャンルでは圧倒的なシェアをとっていくことです。 今までのカシオの歴史から、ボーリング場の計算を手計算は面倒で計算できるものとしてカシオミニ(電卓)ができました。計算桁数を従来10桁を6桁に減らして、3万円のものが1万円で小さな型にして売れました。桁数じゃなく持ち運び便利さをユーザーが優先してくれました。常識を覆す発想が新製品を生み出しました。 1990年代G−SHOCK、当時は薄い腕時計が主流でした。そんなに頑丈なものを作って、大きなものになって誰が腕にはめるのかと、当時の社長は、薄いトレンドのところに逆にごっついを作るという発想が、あっ!これは面白いと感じた。 既成概念にこだわったら駄目、既成概念って一番駄目です。⇒わかっていますが、なかなかできませんね。(ということはわかっていないということですね) デジタルカメラ、スポーティーなカメラとして持ち歩ける⇒NG。 新しいデザイン提案から入って、機能としては防水、水深10mでも取れるカメラ、アイデア+技術がなければ商品は売れません。 カシオの製品には、アイデア(独自性)+技術の組合せで、あるジャンルでオンリーワン製品が多いです。戦略が会社全体に浸透しています。 人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!14位付近にいます、みつけてもう一度クリック。 4/20武蔵ビジネスクラブ定例会テーマ「セカンドライフって?」参加者申込み受付中
NHK経済羅針盤は、「ユニクロ」ファーストリテイリング柳井会長でした。 1984年広島にユニクロ1号店、2001年にフリースで人気ブームが到来し売上4,000億円を突破以降、2002年、2003年と売上が落ちました。消費者調査を実施、「野暮ったい」、「形が良くない」等数多くありました。 方針を転換を決めました。1000坪の超大型店展開、デザインも世界一流の流行をいち早くつかみ、2010年の売上目標1兆円、3年で今の2倍以上を目指します。 柳井会長「挑戦しないような会社とか、挑戦しない人生って面白くない。想像できるでしょう、1兆円くらいだったら」 1兆円、世界の衣料品専門店の1位のGAP(米)1兆8800億円、これを目指します。 世界に出るならば、世界の人たちと仕事するために世界に通用する人をヘッドハンティングを行いました。 ユニクロ新商品、基本は絶対べーシック、いかにベーシックを毎シーズン毎に進化させていけるかがユニクロの戦略です。 先ず次の流行の先取りを行い、ユニクロのブランドフィルターを通して商品化を行う。 ユニクロの店舗改革、1,000坪これまでの店舗より4倍以上、今までの単品だけの集積したものから、スタイルを見せたり、コーディネートをみせたり、単品でも色、サイズが豊富だったりいろんな面で幅を広げていく。神戸に1店舗オープン、これから大型店全国に40店舗予定しています。 ユニクロの戦略は、新商品開発、店舗改革の2点で、3年後売上2倍以上と明快でした。 人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!14位付近にいます、みつけてもう一度クリック。
NHK経済羅針盤は、「ユニクロ」ファーストリテイリング柳井会長でした。これからのユニクロの経営戦略を語ってくれました。最後に「柳井流」ビジネスの心得がありました。経営戦略も明快でしたが、まずは「柳井流」ビジネスの心得を紹介します。 「失敗は当たり前、会社をつぶすような失敗でなければ大いに失敗を」 初めの失敗は当然(9割は失敗)、なぜ失敗したことを考え、またトライすることが大切です。困難=挑戦です。 「チームワークでなら100メートルを9秒9で走れ」 経営とか企業はチームワークです。凡人が成功する第一の方法です。 「自分の仕事に対して一番高い基準と目標を持ってほしい」 ほとんどの人は、先入観で自分はできないと思っている。自分にもっと期待しろ! 勇気づけられる含蓄のあるビジネスの心得でした。 ユニクロ世界ブランドへの挑戦につづきます。ご期待を 人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!18位付近にいます、みつけてもう一度クリック。
月に1度のITコーディネータ勉強会に行ってきました。7名+1名のメンバーが参加しました。1名の方は用事があって、顔だけ出してくれました。 先ずEQのビデオを紹介して貰ったあと、全国で7事業所を持つテニススクールの事例からSWOTを作成しました。 参加の皆さん、事例は読んで来られ、SWOTの資料を作成してありました。ちゃんと宿題やってきて、びっくりする自分がいけませんね。 同じ事例ですが、メンバーひとりひとりSWOTが違っています。メンバーのやったSWOTはいい勉強になります。こんな作り方で、こんな風に考えるんだと納得できました。メンバーそれぞれが違います。これも驚きです。 解決しなかった課題も出てきました。次回再度話し合うことになりました。 今回の勉強会の進め方は良かったと思いました。 次回の勉強会は、連休前ですが5月2日(水)です。前回の事例のふりかえりと次の事例Ⅲです。 予習して行こっと、予習してあると楽しかったです。 人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!16位付近にいます、みつけてもう一度クリック。
部屋に積んである日経の本をペラペラまくっていたら「組織」の記事がありましたので紹介します。 老化していく組織と健全な組織の価値観の違いです。 (老化していく組織) →(健全な組織) 組織は機械       → 組織は生き物 問題があってはならない → 問題があるのは当たり前 失敗があってはならない → 人は失敗するもの 考えてからやれ     → まずはやってみよう ルールや制度に従う   → 一人ひとりが自分で考え判断 失敗したら「人」を責める → 失敗したら「事実」を検証する 老化していく組織は、問題がない組織がいい組織、指示を待ち余計なことは言わない人が増える。効率的だが、組織は老化します。 健全な組織は、問題を発見、改善することで組織は発展します。非効率だが、組織は進化します。 学習する組織になることが、厳しい環境変化の中で生き残るのに必要な条件になります。 さあ、あなたの会社はどちらでしょう。 (日経ストラテジー2007.1より) 人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!16位付近にいます、みつけてもう一度クリック。 本日、第1水曜日はITコーディネータ勉強会です。毎月第1水曜に行っています。お気軽に参加ください。

ウェブページ

Powered by
MovableType4.23-ja
株式会社一期大福(福岡明夫ITコーディネーター事務所)

ソーシャルブックマーク

タグクラウド

このアーカイブについて

このページには、2007年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年3月です。

次のアーカイブは2007年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count